遺産相続に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉〉FAQ(よくある質問) 〉Q.死亡後の住民票の手続は?

よくある質問

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.死亡後の住民票の手続は?

死亡届の提出により、本人の死亡が戸籍や住民票に反映されます。

その後、本人の住民票の写しを申請すると、住民票の除票が交付されることになります。

家庭裁判所の手続等で、この除票を使うこともあります。

 

 

世帯主の変更

世帯主が亡くなった場合、家族構成によっては、住民票の世帯主を変更しなければなりません。

住民票では、同一世帯に複数の人がいる場合、世帯主を特定します。

世帯全員の住民票の写しを申請すると、世帯主が誰か記載されています。

 

世帯主が亡くなってしまった場合で、その世帯に2人以上が残っている場合、14日以内に世帯主変更届(住民異動届)を提出する必要があります。新しい世帯主を特定する届け出です。

 

世帯に残された人が1名の場合、夫がなくなり、妻と小さな子だけが残るケースのように、誰が新しい世帯主か明らかな場合には、この届出は不要です。

もちろん、亡くなった人が世帯主でなければ、届け出は不要です。

この世帯主変更届ですが、役所によって様式違いますが、住民異動届と同一の様式のことも多いです。

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

 

横浜駅前事務所

ページトップへ