遺産相続に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉〉FAQ(よくある質問) 〉Q.介護をしてきたことで、他の相続人より多く遺産を取得できないのでしょうか?

よくある質問

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

介護をしてきたことで、他の相続人より多く遺産を取得できないのでしょうか?

介護

ご家族の一人が介護をすることで、亡くなった方の財産維持に貢献していることも多いでしょう。ご家族の介護がなければ、業者に頼んだり、施設に入所させたりしていたかもしれません。

このような点を考慮して欲しいというのは当然の要求です。

ただ、現在の法律では、亡くなった方の財産の維持や増加に貢献したから遺産の取得分を増やして欲しいという主張は、「寄与分」の中ですることになります。

寄与分が認められるためには、「特別の寄与」が必要になってきます。

特別な寄与をしたことで、亡くなった方の財産が維持されたり、増加されたということが必要なのです。

多くの相続争いで、この「特別」かどうかが争われています。

家族に期待される通常の介護をしてきたという場合、なかなか「特別の寄与」とまで認められません。

介護による寄与分の主張をお考えの方は、少なくとも亡くなった方の症状等を具体的に記録しておき、主張立証できるようにしておくことが必要です。

記録

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

 

横浜駅前事務所

ページトップへ