遺産相続に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉〉ケース紹介 〉遺産分割調停による解決事例

ケース紹介・解決事例

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

解決事例

 

遺産分割調停で相続問題が解決した事例

相続財産として、不動産、預貯金があり、他に1000万円以上の相続債務があったケース。

相続人同士で話し合っても協議がまとまらないとして相談がありました。

 

ご相談者が現金の取得を望んでいたことから、不動産や債務を相手方に取得させることを目的に代理人として交渉をはじめましたが、やはり交渉ではまとまりませんでした。

そこで、家庭裁判所へ遺産分割調停の申し立てをしました。

調停を続けていくなかで、不動産の評価、生前の預金からの出金なども協議した結果、代償金として1000万円以上を受け取るという調停内容が成立した事例です。

 

相手方が不動産の取得にこだわり、かつ、一定額の現金がある場合には、このような代償金による解決がされることが多いです。

話し合いがまとまらない場合でも、家庭裁判所での調停であれば解決できるケースは多くあります。

相続の話し合いが進まずお困りの方はぜひご相談ください。

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

 

横浜駅前事務所

9/26相談会開催

ページトップへ